トレンドライン設定の必要性

FXでまず覚えなければならないのが、
トレンド相場とレンジ相場ですよね。

日本円を例にするとよくわかりますが、
1円から3円位の間でうねうねと上下して
動いて行くレンジ相場時期が続いたかと思うと、
急にトレンド相場が始まったりします。

一方向に動き始めてしまう時期で、
大ブレイク状態ですから波に乗れれば、
大きな利益に繋がるのです。

でもそこで必要なのは、
どこまで伸び続けるかの判断。

もっと延びると思って決済の
タイミングを失ってしまうものです。

プロのトレーダーに
美味しいところを持っていかれるパターンです。

ですからトレンド相場は勢くので、
失速する時期のトレンドラインの設定が
出来るようにならなければならないのです。

FXはもっとシンプルにやろう。

誰でも旨くいくとは限らないのが、
為替相場を相手にする投資のFXです。

誰かが利益を得られれば、
逆に損をする人もいるのです。

FX会社は売買の仲介役。

でも旨くやって利益をあげて行かないと面白みがなくて、
資金が足りなくなってしまいますから続けていけません。

FXって、複雑に難しく考えていくときりがありませんよね。
テクニカル分析は奥が深いFXの手法です。

FX初心者として細かいグラフとにらめっこなんて、
難しく感じてしまいます。

ですから為替の動きを予測するFXは、
もっとシンプルな投資と考えてやっていった方が良いのです。

まずは、為替の動き出す要因を
つかんでいけるようになっていくことです。

つかんで行けたら
ここぞというタイミングを逃さないのです。

マネー学としてのFX

誰でもお金をどのように運用していくか、
考えるマネー学については気になりますよね。

先のこと・安心・安定を考えるとまずは貯蓄で、
生活や人生設計にはなくてはならないものです。

そして自分で自由にできる資金が出来てきたら、
元手にもっと増やせるマネー学を考えて見たくなります。

マネー学には色々とありますが、
その中でも堅実性が高いのが、
株式やFX投資です。

まず株式投資ですが、
資金が多く必要で景気に左右されるのです。

そして次のFX投資ですが、
FX会社に預ける資金としての証拠金は
数万円でも始められて、

なにしろ景気の良し悪しに左右されなくて
利益が望めるのは、興味深いものですよね。

ですから、あっという間に、
FX口座数もうなぎ上り、
さらにクリック証券のFX口座なんて取引量世界1位、
DMMFXが取引量世界2位なんて事に!

結構日本人って、好きですよね!